トップページ > casaのあたりまえ

casaのあたりまえ

自社設計・自社施工

当社の設計士自らが、最初のご挨拶からヒアリング、設計と工事監理、そしてお引き渡し後の
アフターフォローまで、全てを担当致します。
その中でお客様と当社設計士とのイメージのズレを無くし、お客様が満足される思い通りの住宅を
施工致します。
またこの一貫対応により余計な人件費の削減を可能にします。
そして可能な限りの自社施工で中間経費のカットを実現致します。
費用的にもお客様に寄り添えるよう精一杯努力致します。

イメージパース・施工後実写
各種補助金の活用

長期優良住宅、ゼロエネルギー住宅(ZEH)、認定低炭素住宅、太陽光発電、すまい給付金、ローン減税等、現在名の知れた制度だけでもこれだけあります。
当社では申請代行も行っておりますので、お客様に合ったご提案を致します。

基本仕様

断熱材

〈基本グレード〉吹付硬質ウレタンフォーム

※屋根:100mm(通常80mm)、
壁:80mm(通常50mm)、床:80mm(通常20mm)
屋根や壁に液体状の材料を直接吹き付けます。
柔軟性に富んだアクアフォームは連続気泡構造で、
一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。
また吹付けですので複雑な構造物に対しても隙間なく連続した
断熱層を作ることができます。
断熱材としての耐久性にも優れており長期に亘って他に類を見ない
優れた断熱性能を維持します。
よって内部結露も起こりにくく、冷暖房コストの削減に大きく影響し、室内の快適性を向上します。

(Low-E 複層ガラス U値1.67 YKKAP)

熱は温度の高いところから低いところへ移動して、お互いが一緒の温度になろうとする性質が
あります。そのため夏場に室内を冷房で冷やしても、外気温は高いので外気の高い熱が
どんどん室内に入り込もうとして室内の温度を上げていきます。
逆に冬場は、室内の暖かい熱がどんどん寒い外に移動してしまいます。

住宅におけるこの「熱の入出」を許しているほとんどが
窓なのです。
ですので壁の断熱性も当然重要ですが、
それ以上に窓の断熱性も非常に重要です。
樹脂枠ですので結露も抑えられ、防音効果も非常に高いです。

換気扇

〈基本グレード〉 全熱交換型換気扇

全熱交換型換気扇とは、機械で住宅内の給排気を行うもので通常の排気するだけの換気扇とは違い、室内の
排気する空気から熱などを回収して室外から給気する空気へ熱を伝わらせることで熱損失を軽減させる換気機器です。
また同時に湿度も交換しますので、非常に省エネに有効な換気機器です。
これにより、室内の空気を逃がさず外気の影響を受けにくい当社の高気密高断熱住宅では更に少ないエネルギーで冷暖房費を賄うことができるようになり、省エネについてはかなりの相乗効果を期待できます。
その他に花粉も除去できる外気清浄フィルターを採用しております。
花粉やホコリのフィルター捕集率は95%で室内の空気を綺麗に正常に保ちます。

casaの思い

当社はローコスト住宅と言われるものは施工致しません。
住宅を建てるということは、ほとんどの方が人生で一番の高い買い物をされるということだと思います。
またその後何十年も住まう場所になります。
初期投資を妥協し暑い寒い等の不満が出るかもしれない住まいよりも、当社が自信を持ってご提案する
高気密・高断熱にこだわった住宅を、全てのお客様にご提供したいと強く思っております。


このページのトップへ